第一種歯科感染管理者検定 提出用紙

第一種歯科感染管理者検定の目的は感染管理マニュアル作成スキルの取得です。
課題に記載されている歯科医院の患者数、従事者数、設備において適切と思われる感染管理マニュアルを作成するための講義と試験になります。
検定当日までに感染管理マニュアルを完成する必要はありません。
現在お持ちの知識、経験からご自身で感染管理マニュアルを作成して検定当日に持参してください。
また、感染管理マニュアル作成の経験がない方は検定当日の持参は不要です。
いずれの場合も検定当日の講義を受講して修正、変更、もしくは作成を行い、指定に期日までに感染管理マニュアルを提出してください。

→詳細はこちら

→課題はこちら(ダウンロード)

→レイアウト図はこちら(ダウンロード)

→表題はこちら(ダウンロード)

歯科感染管理者番号につきましては、ご不明な場合はブランクでご提出ください。