開催概要

特定非営利活動法人日本・アジア口腔保健支援機構(JAOS)​

開催日時 2021年8月8日(日)
午前9時~11時   オンラインセミナー
午前11時~午後1時 会場にて症例と対処法漢方治療
主催 特定非営利活動法人日本・アジア口腔保健支援機構(JAOS)
開催場所 オンライン:午前9時~11時
会場参加:    午前9時~13時※先着10名様「日本歯科新聞社3F」
JR水道橋駅徒歩3分にて受講可能
参加対象 歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科医療従事者全般、看護師、介護士の方
定員 オンライン50名 東京会場10名募集
参加費用 ①オンライン受講費用(9-11時のみ):5,500円(税込み)
②会場参加の受講費用(9-13時)        :22,000円(税込み)
会場受講に限り、症例相談が11時からの講義となります。
受講資格:不問
内容 歯科心身症は、歯痛や咬合違和感、舌痛等の患者で、検査から異常の見つからないケースと考えていませんか。
しかし、客観的な異常のある方でも、症状に心理社会的な要因が影響している場合があります。
即ち、う蝕や歯周病、義歯やインプラント、また顎関節症等の患者の中にも、歯科心身症の病態の方がいます。従って、エックス線検査等で異常が見つからなければ、心理社会的な要因が関与しないと考えるのは誤りです。
私達は、常に患者を「生物-心理-社会面」から診ていれば、心理社会的要因による身体症状や、身体疾患から現れる心理的な問題を見逃すことが少なくなります。そして、必要のない抜髄や咬合治療等をしないで済みます。これは、医原性の患者を減らすことに繋がり、一方で、医療訴訟も避けられるでしょう。
今回の講演では、日常臨床に即して歯科心身症の捉え方と対処法を出来るだけ易しく解説する予定です。

時間割

9:00-11:00:オンラインセミナー  和気裕之先生 120分
1.開業医が心身医学を学ぶことの有用性
2.心身症と歯科心身症
3.舌痛症と口腔灼熱痛症候群
4.顎関節症と心身医学

11:00-13:00:会場セミナーのみ    和気裕之先生 120分
5.歯科医師が行う心身医療
6.症例検討会

座長:   島田淳先生
漢方解説: 渡辺秀司先生

今回、歯科心身症の第一人者である和気裕之先生が、日常臨床で困っている
心身医学的な問題が関与していると思われる症例についての相談をお受けいたします。
相談を希望される先生はお教えください。
事務局よりご連絡いたしますので、事前に症例の概要をお教えください。
①性、②年齢、③主訴、④現病歴、⑤治療経過、⑥問題点などをお願いします。

■特記事項
①オンライン受講は午前講義のみ
※現地受講は午後講義あり
②現地受講者で症例相談を希望の場合はお知らせください
※事前に簡単な問診表を送付、写真を添付し返信していただきます。

  講師 和気裕之先生 日本大学歯学部客員教授、東京医科歯科大学臨床教授

島田淳先生  神奈川歯科大学特任教授、日本顎関節学会理事

渡辺秀司先生 神奈川歯科大学特任教授、横浜歯科漢方研究会会長、横浜薬科大学客員教授

お問い合わせ/お申込み先

特定非営利活動法人日本・アジア口腔保健支援機構(JAOS)
mail:info@npo-jaos.org

■お申込
①Faxでのお申込み
お申込書 欄に必要事項をご記入いただき受講料の振込控を添付の上 FAX の送信を お願いいたします。
後日、受講票 ならびに 会場 のご 案内 をメールもしくは FAX にて送信 させていただきます。

(振込先)
三菱 UFJ 銀行 上大岡支店 普通口座 口座番号 0219789
名義:特定非営利活動法人日本・アジア口腔保健支援機構

②イベントペイをご利用の方は
イベントペイをご利用いただくと決済も同時に完了します。
オンライン講座はこちらからお申込みください。
会場参加、症例検討はこちらからお申込みください。

JAOS認定・総合診療歯科医取得コースご案内動画
https://vimeo.com/510249473