歯科医療現場において高度な感染制御知識を有し
それを実践できる人材を養成することを目的としています。

資格の種類

第一種歯科感染管理者

歯科感染管理における臨床現場での実務のスキル向上を目的として、「感染管理マニュアル作成」能力の習得、実践を主な目的とした検定を行っています。

第一種歯科感染管理者資格概要

第二種歯科感染管理者

検定試験では歯科に特化した180分の講義による感染制御知識の習得と、モチベーションにもつながる資格取得をしていただくことができます。

第二種歯科感染管理者資格概要