開催予定の第二種歯科感染管理者検定

現在、開催予定の第二種歯科感染管理者検定はありません。

過去の開催情報はこちら

第二種歯科感染管理者検定概要

NPO法人JAOSでは国民、歯科医療従事者に、安心して歯科治療を受けてもらう、医療機関に勤務してもらうことをコンセプトに歯科感染管理者資格制度を設立いたしました。

歯科治療はインプラント、歯周外科以外にも抜歯、スケーリングなど出血を伴う治療は多く、患者の感染リスク、歯科医療従事者の交差感染リスクが潜在しているといわれています。

また歯科治療器具・器材は特殊な形状のものも多く、適切な洗浄、消毒、滅菌法など適切な知識が必要です。

しかしながら、歯科衛生士の離職、人材不足から現場での徹底した管理、教育は非常に難しく、見えない部分であることからも十分であるとは言い難い状況です。

検定試験では歯科に特化した180分の講義による感染制御知識の習得と、モチベーションにもつながる資格取得をしていただくことができます。

歯科感染管理者資格について

歯科感染管理者(第一種、第二種とも)は個人に帰属する資格です。
医療機関においてその資格者が勤務していることを標榜、証明したい場合には、「施設認定書(在籍証明書)」を発行する事が可能です。
※有償

【継続講習会(ポイントセミナー)について】
第一種、第二種ともに、認定登録を継続するためには、検定合格・登録後5年以内に継続講習会(ポイントセミナー)を受講してください。
合格・登録から5年以内に5ポイントの取得が必要です。

継続講習会はこちら

よくある質問

  • 歯科感染管理者の第2種の資格を取りたいのですが、JAOSに入会する必要がありますか?

    検定の開催、運営、資格者へのフォロー等はJAOSで行っておりますがご入会は不要になります。
    あくまで主催者がJAOSということになりますのでご入会等の必要はございませんのでご安心ください。

  • 当法人のドクター6名が講習会に参加し、その分の検定費用をお振込みしたいのですが、合算した金額をまとめてお振込みしてもよろしいでしょうか?

    費用につきましては合算してお振込をいただいても大丈夫ですので、振込み控えを添付して申請書をFAXください。

  • 歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士以外の者が受ける場合は学歴等の基準がございますでしょうか?

    学歴等の基準はございませんので、お早めにお申込みください。

  • 受講資格について、歯科専門学生(衛生士)でも受講可能でしょうか?

    歯科専門学生の方も受講、受検いただけますので、お早目にお申込みください。

  • 婚姻による免許の氏名の更新中なため6月の検定の日時に免許のコピーが用意できません。登録証明書であれば用意はできますが、その場合検定の受講はできませんでしょうか?

    登録証明書でご受検いただけますので、お早めにお申込みください。

  • 歯科医院を開業したので施設認定書の住所等変更したいのですが、どのように手続きをしたらよいでしょうか?

    変更を希望のご住所につきまして、そちらを証明できるもののコピーを添付してメールに返信していただければそのように修正いたします。

  • 外来環の申請のために修了証等を発行していただきたいのですが、可能でしょうか?

    当会の運営いたします歯科感染検定のカリキュラムに医療事故のリスクマネジメントがないため外来環申請の基準を満たしておりません。
    継続講習では一部認められる内容もございます。こちらは過去に厚生局から認定された実績がございます。
    皆様のご要望が多いようであれば外来環申請基準を満たす継続講習も開催いたしますのでお申し付けください。

  • 施設認定書(旧在籍証明書)の期限がまもなく切れるが再発行していただきたいのですが。

    施設認定書の更新につきましては、年2回まとめて更新手続きをご案内しております。ご案内が届きますまで、今しばらくお待ちください。

  • 退職し、独立することになりました。昨年第二種歯科感染管理の資格を取りましたが開業先で資格を標榜したいのですがどのような手続きが必要になりますか?

    開業先で施設認定書を発行いたしますので、申請書をFAXいただき、新規認定書発行費用をお振込みください。
    感染管理者の退職により施設認定基準を満たさなくなった医院様には、他の方に管理者資格を取得いただけますようお願いいたします。

  • 継続のためには5年以内に5ポイント貯めないといけませんが、継続セミナー受講が難しいとなると、5年後に再度感染管理者を受講することは可能でしょうか?

    継続セミナーの開催は随時JAOSホームページとメルマガでご案内しております。
    また、5年後に再度感染管理者検定を受講することも可能です。